本文へジャンプ

お知らせ
木祖村商工会

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
源流の里 木祖村のおススメはコレ!

木祖村は木曽川最上部の源流に位置します。緑豊かな森林は清流を育み、自然豊かな環境の中、やぶはら高原スキー場、こだまの森、水木沢天然林などが整備されています。また、旧中山道木曽路11宿のひとつ「薮原宿」としても栄え、伝統産業も今に伝えています。

  • HOME
  • お知らせ
  • いよいよ7月 アウトドアシーズンの到来です!

いよいよ7月 アウトドアシーズンの到来です!

2016年07月06日

kodamanomori-1.jpgkodamanomori-2.jpgkodamanomori-hosi.jpg7月に入って、いよいよ夏の観光シーズンの幕開けです。ここ木祖村は木曽川の源流でもあり、標高は923(役場)、居住地域は概ね9001,100m位に位置しています。当然、天然クーラーの状態で、都会から訪れた方からは、しばしば「別天地!」といった声を耳にします。

 

 

 

 

 

観光施設、やぶはら高原こだまの森は、芝生グランドや遊具・バーベキュー施設、宿泊用コテージ等が備わっており、 “別天地”の環境の中で、都会から訪れた多くの観光客で賑わいます。

 

 

 

 

 

こだまの森の標高は約1,100m。高原の冷涼な空気。涼しいというより、はっきり言って今はまだ寒さに近いものがあります。付近には人家も殆どないため、いわゆる“光害”も少なく、当然、満天の星空が楽しめます。「満天の星空」で意外なことは、「星座が判りづらく」なります。高い山の上で泊まった経験のある方なら解ることですが、小さな星まで細かく見えてしまって、星座を形作る星そのものが周囲の星に埋もれてしまうからです。ですから、天の川なんかは最高!空を埋め尽くす星に圧倒されてしまいます。

okukisoko.jpgokukisoko-kanu-.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、木曽川の源流には大きな水ガメがあります。ダムの名を味噌川ダム、通称「奥木曽湖」と呼ばれています。長野・岐阜・愛知・三重を通り太平洋に注ぎ込む木曽川ですが、上流は下流域の巨大な水ガメとなっており、水量は諏訪湖に匹敵するくらいの大きなダム湖です。

木祖村にある“NPO法人木曽川・水の始発駅”では、源流の里として四季折々の様々な自然体験メニューの企画運営を行っています。

夏のこの時期は、奥木曽湖を舞台にカヌー体験が人気となっています。酷暑にあえぐ都会から脱出して、湖面から見る周囲の景色を楽しまれてはいかがですか。オススメです!

oroku-gushi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアばかり触れてきましたが、木祖村のその他の魅力をチョコット書き足します。最近、テレビ放映等の影響か、櫛を訪ねてお見えになる方が急増しています。木祖村は中山道薮原宿としての長い歴史がありますが、往時よりお土産品として木櫛の生産が盛んに行われてきました。江戸時代の浮世絵にも登場する“お六櫛”。今、本物志向の方に見直され、静かなブームを呼んでいるようです。お六櫛は、道の駅きそむらに置いている他、村内櫛店で販売していますが、希少品のため事前にご確認いただいた方がよろしいかと存じます。木祖村商工会の過去のブログにもしばしば登場しますので、よろしかったらご一読ください。

PAGETOP