本文へジャンプ

お知らせ
木祖村商工会

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
源流の里 木祖村のおススメはコレ!

木祖村は木曽川最上部の源流に位置します。緑豊かな森林は清流を育み、自然豊かな環境の中、やぶはら高原スキー場、こだまの森、水木沢天然林などが整備されています。また、旧中山道木曽路11宿のひとつ「薮原宿」としても栄え、伝統産業も今に伝えています。

  • HOME
  • お知らせ
  • 蔵のギャラリー "お六櫛"の卸問屋「山六篠原商店」

蔵のギャラリー "お六櫛"の卸問屋「山六篠原商店」

2015年10月01日

yamarokusinohara.jpg旧中山道の薮原宿にある、お六櫛の卸問屋「山六篠原商店」に蔵のギャラリーが完成しました。ご主人の篠原公男さんが、店の奥にある土蔵を改装して、お六櫛の展示資料の他、長年収集さてれきた絵画などを飾っています。その名も「蔵シックアート」。

orokugusi2.jpg

 

 

 

 

 

県の伝統工芸にも指定されている「お六櫛」ですが、かつては実用品として多く生産され、櫛を商う店や職人で、宿場の街が形成されていたほど賑わった時期もあったそうです。しかし、時代の流れと共に、素材の多様化、消費者のニーズの変化、外国製品の流入等々、様々な理由から、お六櫛の生産は激減しました。でも、逆にこのような時代であるからこそ、手作りの逸品を求めて来られるお客様もいて、篠原さんのもとを訪れるお客様も多いとのこと。

gennryuutei.jpg

 

 

中山道薮原宿の面影を残す店舗の横に「木曽川源流庭」と名付けた庭があります。いかにも木曽川源流の里“木祖村”にふさわしいネーミングですが、石や木・流水・池などで、源流が表現されているそうです。さらに、その奥に、蔵のギャラリー「蔵シックアート」があります。

gyarari-1.jpg

 

 

 

 

 

明治27(1894)に建てられ、120余年を経ているだけあって、改修工事も大変だったと思いますが、歴史の重みを感じさせる、風格ある仕上がりとなっています。内壁には漆喰が施され、隅にある蓄音機から流れるクラッシック音楽(音源はCDです)が、情趣ある雰囲気を醸し出しています。

orokugusi3.jpg

 

 

 

 

先日、縄文漆アートの新田さんのログハウスギャラリーを紹介させていただきましたが、こちらのギャラリー「蔵シックアート」も必見です。

最近では、中山道ウォーキングを楽しまれる方が増えていますが、藪原宿から鳥居峠を越えて奈良井宿に向かわれる外国人の方も多く目にするようになりました。通りを歩く際に、一歩足を止めて、櫛のギャラリーを見るのも、また面白いかと思います。ちなみに、入場料はかかりません。篠原さんから、お六櫛の今昔話しも聞けると思います・・・。

PAGETOP