本文へジャンプ

お知らせ
木祖村商工会

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
源流の里 木祖村のおススメはコレ!

木祖村は木曽川最上部の源流に位置します。緑豊かな森林は清流を育み、自然豊かな環境の中、やぶはら高原スキー場、こだまの森、水木沢天然林などが整備されています。また、旧中山道木曽路11宿のひとつ「薮原宿」としても栄え、伝統産業も今に伝えています。

日曜画家展  深まりゆく木祖村の秋

2015年10月17日

gennryuuno-sato.jpg木曽川源流の里“木祖村”では、秋もだいぶ深まってきました。今朝も3℃を下回り、商工会でも、しばらく前からストーブのお世話になっています。暖房器具を出したり、漬物桶の用意をしたり、いろいろと冬支度に忙しい今日この頃です。

shakai-taikukan.jpgsakuhin-tenji.jpg

 

 

 

 

 

 

木祖村では恒例の「日曜画家中部日本展」が明日まで、社会体育館において開催されています。昨年もブログに書き込みましたが、昭和55年に木祖村は“日曜画家の村”を宣言しました。木祖村の絵画の歴史を紐解きますと、かつて木祖村を訪れた藤田嗣治、近藤浩一郎などの画家(画学生)が、薮原宿に逗留し、多くの作品を残しています。また、地場産業でもあるキャンバス画枠は、最盛期には全国の80%以上を木祖村で生産し、今でもキャンバスほ他、イーゼル等の絵画関係の木工業が盛んに営まれています。これが“日曜画家の村”たる所以です。

木祖村役場の駐車場横、ぼつぼつ色付き始めた木立の隣にある木祖村社会体育館では、日曜画家たちの力作が展示されています。第1回目の昭和62年以来、今年は29回目を数えます。

mokkoumunnkasennta-.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、商工会のある木工文化センターでは、日曜画家中部日本展第1回からの歴代最優秀作品が全て展示されています。お六櫛や桶など、村内の伝統工芸品・特産品の展示もありますので、是非お越しください。29年の時を刻む作品の数々に出会うことができます。

 

PAGETOP