本文へジャンプ

お知らせ
木祖村商工会

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
源流の里 木祖村のおススメはコレ!

木祖村は木曽川最上部の源流に位置します。緑豊かな森林は清流を育み、自然豊かな環境の中、やぶはら高原スキー場、こだまの森、水木沢天然林などが整備されています。また、旧中山道木曽路11宿のひとつ「薮原宿」としても栄え、伝統産業も今に伝えています。

  • HOME
  • お知らせ
  • 道の駅きそむらで恒例の志摩物産フェア開催

道の駅きそむらで恒例の志摩物産フェア開催

2016年08月30日

bussann-fair.jpgbussann.jpg毎年恒例となった志摩市商工会による物産展が、道の駅“木曽川源流の里きそむら”で開催されました。友好姉妹提携をしている愛知県日進市を通じたご縁で、三重県の志摩市からお越しいただきました。午前3時出発で物産展開始時刻が午前10時。恒例行事とはいえ、長い道のり、本当にお疲れ様です。

今さら申すまでもなく、長野県には海がありません。木祖村から海に出るには、木曽川を下って伊勢湾に出るか、長野方面から上越の海に出るか・・・、他の経路もあるかもしれませんが、いずれにしても海からは、は~るか遠く離れた場所にあります。そのため、山国にはない海の幸には格別の思いがあります。

 

awabi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

毎年、この日を楽しみにしている地元の方も多く、早速、アワビ・魚の干物・あおさ等を買い求めていました。また、国道19号線の道の駅ということで観光客も多く、他県から来られて偶然立ち寄ったお客様も、「ここまで来て、海の幸?」と訝しい言葉を発しつつ、木祖村産の野菜と共に、三重県産の海産物をお土産に買っていかれました。

tokoroten-hurumai.jpggara-pon.jpg

 

 

 

 

 

道の駅入り口では、志摩特産の“ところ天”のふるまいも限定200食で行われ、暑い時期に、冷たくあっさりした食感が、お客様に大人気でした。志摩の方全ての流儀ではないそうですが、汁はめんつゆ、薬味はタマネギのみじん切りでした。

 

 

 

 

お買物の後のガラポンクジも大人気。「いいものが当たりますように!」一喜一憂するのも、お楽しみの一つです。

今日は台風も過ぎて、何だか朝晩は寒くなり、秋の気候になってきました。まだまだ地物夏野菜の収穫は続いていますが、そろそろ秋の味覚・キノコも楽しみになってきました。木祖村には旧中山道の鳥居峠、奥木曽湖(味噌川ダム)、水木沢天然林、こだまの森などのアウトドア向き観光地が多く、お隣の中山道奈良井宿からは車で10分程度。近くにお越しの際は、是非道の駅“木曽川源流の里きそむら”にお立ち寄りください!

PAGETOP